【老化ですよ…】爪の筋・縦線を消す方法

爪の筋、線の原因は何か?

爪に薄い縦筋や線ができている場合、少なくとも体に何かしらの変化が起きている証拠です。

爪は何気ない部位ですが、体の不調や状態を顕著に表す場所と言われます。過労や貧血、栄養の方よりや不足などがひどくなると、体調以外にも爪にそれが出てきます。

そして爪の伸びる速度はとても遅いため、しばらくその筋が残ったままの状態が続きます。そのため、一度爪に筋が出るとしばらくそれと付き合わなくてはならなくなります。

横筋の場合

基本的に爪の筋は横に入るか縦に入るかで分かれます。横に入る筋は主に体調面を表すものとされています。疲労が溜まっていた、どうも体調が優れなかったという時期が続くと、その時期に爪に横筋として出てきます。

また爪の変色とともに横筋が出ることもあります。特に茶色や赤色っぽいような変な色の場合、重大な病気や疾患の可能性があるため、すぐに医者にかかったほうがいいでしょう。

水草のような深いくすんだ緑色で爪が弱くなっていて、シワのようなスジが入っているものは水虫かもしれません。爪水虫はかなり治療に根気がいります。なるべく早いうちに治療をスタートさせましょう。

爪水虫の症状と治療法方法

縦筋の場合

逆に縦筋の場合は、その主な原因が老化だとされています。肌にシワがいくように、爪にもシワができたと思って下さい。

また単純に偏食ぎみで栄養バランスが悪い人も縦筋ができやすくなります。なので、老化とは無縁と思われる若い人でも爪の縦筋ができることはあります。しかし、特に偏った生活でもないのに縦筋が出来る場合は、素直に老化現象が起きていると理解しなくてはないらないでしょう。

髪の毛や肌にそんな不満があるわけじゃないから、まだ老化とかじゃない!

と思っていても、爪というのはすごく体の変化を出しやすい部位なので、早めに老化の初期症状を知らせてくれているのです。

素直に老化かもしれないと疑って、早めに対策をすることで、爪だけでなく、体全体の老化防止、同世代に差を付けられるアンチエイジングが可能となるでしょう。

老化の仕組み、アンチエイジングについては以下をご覧ください。

成長ホルモンの働きとアンチエイジング

関連ページ

  1. 現在位置
  2. トップページ
  3. 状態
  4. 爪の筋、線の原因は何か?