【老化ですよ…】爪の筋・縦線を消す方法

爪の縦筋、縦線の原因である指の爪裏のシワを消す方法

手

爪の縦筋、縦線の原因は、爪自身ではなくて、その裏の指のシワが原因であることは他でも書いたとおりです。

その指の爪裏にシワが出来る原因は、顔とかと同じで老化、細胞の回復力、成長力の低下が原因です。

では、その老化現象を食い止め、細胞の回復力、成長力を高めて、指のシワをなくすにはどうすればいいのでしょうか?

なぜ老化するのかを知れば答えは簡単!

老化と戦うということは、指であろうと顔であろうとやるべきことは同じです。

なぜなら、どれも皮膚の問題であり、全てつながっているからです。

ただし、美容液やパックといった顔にできることはできません。爪の裏側ですので、これは物理上不可能です。

そこで行うのが、エイジングケアです。

エイジングケアには色々方法がありますが、なぜ体が老化していくのか?この根本原因を無くすか軽減してやれば一番効果が出るのは当然です。

あのアンチエイジングで有名な人も実践

老化というのは、体の細胞が生まれ変わりの速度が衰え、古い劣化した細胞が増えていくことで、シワを始め、体調不良、慢性疲労、疲れが取れにくい、皮膚のたるみといった老化現象になって現れてきます。

つまり、細胞の適切な維持、生まれ変わりが行えれば、シワのような老化現象は防ぐことができ、綺麗な肌を保つことができます。

そして、この老化の元になるのが、成長ホルモンの分泌量低下です。

アンチエイジングで有名な南雲先生は、睡眠を重要視しています。これは、寝ている間、しかもぐっすりとたっぷりと寝ることで、成長ホルモンがたくさん分泌され、寝ている間に若返ることができるからです。

あの人が若いのはそれだけではありませんが、「成長ホルモンの分泌量=若さの源」というのに違いはありません。

誰でも簡単に老化を食い止めることができる方法

成長ホルモンをたくさん分泌させるには、適度な運動と十分な睡眠が一番です。ただ、これを実際に実現できる人はごくわずかです。

ただ、そんな人でも、成長ホルモンの分泌量を高めさせることができる方法があります。

それがアルギニン、オルニチンといった成長系アミノ酸と言われるアミノ酸を摂取することです。

いわゆるアミノバイタルなどにも入っていますが、特に上記のアミノ酸に特化して一定量摂取することで、とらないときより成長ホルモンの分泌量が増えるという研究結果が出ています。

そのため、アンチエイジングの医療機関では、患者にアルギニンなどのアミノ酸摂取を処方しているところもあります。注射などと違い、いつでも自宅で手軽にできるため、継続しやすく、その実感も高いと評判です。

夜寝る前のアルギニン摂取

さらにおすすめしたいのは、このアルギニンなどのアミノ酸を夜寝る前に飲むこと。

ただでさえ睡眠中は若さの源である成長ホルモンが分泌しやすくなっています。ここにアルギニンなどが体内にあると、さらに分泌量が増大します。

これにより、加齢やストレス、生活習慣の乱れで失った成長ホルモン量の低下をカバーすることができます。

つまり、5歳、10歳と個人差はあるものの、今より若かったときの成長ホルモン分泌量に戻すことができる、つまり若返るというわけです。

アンチエイジングのつもりでやっていたら爪が綺麗に

もちろん、その作用の個人差はありますし、何もかもが20代になるようなことはさすがにないでしょう。ただ、少なくなりすぎた成長ホルモンの分泌量をできるだけ元に戻してやるだけで、体の老化現象は軽くなってくれると期待出来ます。

実際に爪の縦筋、縦線に悩んでいた女性が、単純にエイジングケア目的でアルギニンサプリメントを飲んでいたら、知らない間に爪の縦筋、縦線が消えていたという話があります。

それは、結局、顔のシワも爪の縦筋の原因となる指裏のシワも老化現象なのですから、成長ホルモンの分泌量がアップしたことで、細胞の修復、活性に成功したからと言えるでしょう。

唯一の問題といえば、これは薬ではなく、各個人の体によるものなので、全くもって実感がないという人も当然出てくるでしょう。ただこれもやってみないと分からないところというのが正直なところですね。

関連ページ

  1. 現在位置
  2. トップページ
  3. ケア方法
  4. 爪の縦筋、縦線の原因である指の爪裏のシワを消す方法